MENU

カードローンの種類とその特徴

カードローンと聞くと、「消費者金融」「銀行カードローン」とこの二つを思い浮かべる方がほとんどかと思いますが、実は他にもさまざまな金融機関でカードローンは取扱があることをご存じでしょうか?知名度は低いですが、他にも魅力的なカードローン商品はありますのでその種類と特徴についてみてきましょう。

 

【銀行カードローン】
銀行カードローンは、銀行が直接融資をしているローンになります。そのため総量規制対象外で利用が可能です。特徴としては低金利なところが多いぶん、審査が比較的厳しい傾向にあります。即日融資に対応している銀行カードローンも多いですが、銀行の審査と保証会社の2重審査になりますので、審査時間は消費者金融と比較しますと多少かかる傾向にあるようです。普段から利用しているような大手銀行が提供するものもあり、お金を借りることに抵抗がある方でも安心して利用できるカードローンです。

 

【消費者金融系カードローン】
消費者金融のカードローンの特徴と言えば、なんといっても審査の早さでしょう。審査時間が早いので即日融資を希望される方にもたいへんおすすめです。また審査にも比較的通りやすくアルバイトやパートの方でも借りやすいカードローンとなっています。反面、金利が高いことがデメリットであり長期の借入や高額な借入には不向きと言えます。マイナスなイメージを持たれることの多い消費者金融ですが、自身が利用の仕方を間違えなければサービスの内容については利便性が高いですし問題なく利用することができるでしょう。

 

【信販系カードローン】
信販会社が発行するカードローンです。クレジットカードにカードローン機能が付帯しており、普段から利用しているクレジットカードでお金を借りることができるためたいへん便利です。銀行カードローンと比べますと審査は比較的柔軟です。しかしその分金利は高めであり、長期・高額の借入にはあまり向いていません。

 

【ろうきんのカードローン】
労働金庫という金融機関の発行するカードローンです。労働金庫の利用者は主に労働組合や生協の組合員ではありますが、一般の方でも利用は可能です。労働金庫、いわゆるろうきんは全国の地域ごと12のろうきんがあり、それぞれのろうきんごとで名称や金利などに違いのあるカードローンサービスが提供されています。そのうち、利用対象となるのは、そのろうきんの営業エリアに在住しているかまたは勤務している人です。カードローンの特徴としては、他のカードローンと比べてとにかく低金利であるという点です。ただし利用においては他にもいろいろと条件が多いのと、審査にかかる時間が長いというデメリットがあります。