MENU

カードローンとキャッシングの違いは?

お金を借りるというと、カードローンやキャッシングといった言葉が浮かぶ方が多いかと思いますが、そもそも「カードローン」と「キャッシング」はどういった違いがあるのでしょうか?同じニュアンスで使っているという方も多いのではないでしょうか?実は、「カードローン」と「キャッシング」というものは似ているようで別のサービスになるのです。

 

【キャッシングとは?】
キャッシングというのは短期の小口融資のことで、クレジットカードなどを利用してキャッシュディスペンサーやATMからお金を引き出せるサービスのことです。そもそもは海外旅行などで多額の現金を持ち歩くリスクを防止するためのトラベラーズチェックが進化したものであり、キャッシング機能が付帯して小口の現金を引き出せるようになりました。返済方法は翌月一回払いとなっていて、翌月の返済日には借りた額と利息を一括で揃えて返済するのが基本です。一括払いは一度に返済する額が大きくなりがちではありますが、一方で、返済期間がだらだらと長引かないため返済計画が明解で返済期間により利息が大きくふくれあがるということがありません。

 

【カードローンとは?】
カードローンもキャッシング同様、ローンカードを利用してATMヤキャッシュディスペンサーからお金を引き出すことのできるサービスです。キャッシングとの大きな違いは、カードローンは決められた利用限度枠内で何度でも繰り返し利用が可能というところ、そして返済方法は一般的に、リボルビング方式であるという点です。キャッシングのように一括での返済ではないため、カードローンは大きい金額ですと数百万円という額まで利用が可能となっています。金利は借入額が高くなればなるほど低金利となりますので、キャッシングと比べてカードローンのほうが比較的低金利です。

 

キャッシングとカードローン、双方にメリット・デメリットがあります。最近ではキャッシングと呼ばれるものでも返済方法がリボ払いであったりと、その線引きはややあいまいになってきていますが、どちらを利用した方がよいのかはその時々の状況によって選んでいくとよいでしょう。