MENU

返済シミュレーションを利用して返済計画をたてよう

カードローンのCMや広告等でよく使われるキャッチコピーに、

 

「ご利用は計画的に」
「カードローンは計画的なご利用を」

 

といったものがあります。カードローンは適当な返済計画で無計画に利用を続けてしまいますと完済の見込みがたたず、長期間返済を続けて余計な利息を支払い続けるような生活を続けることになってしまいます。またそれで済めばよいですが、もし返済に行き詰まって自己破産、なんてことになったら、現在あるマイホームや車といった財産を手放すことになったり、将来住宅ローンを組む際に審査に通らなかったり好条件でローンを組めなくなったりと今だけでなく将来にかけて人生に大きな影響を及ぼすこととなります。

 

そのため、カードローンを利用の際には前もって返済計画をしっかりとたてておくことが大切なのです。でもどうやったら、きちんと計画的な返済計画が立てられるのでしょうか?まずは以下のことについて洗い出してみましょう。

 

・借入を希望する金額と自身の収入とのバランス
・毎月の返済額と完済時期がどのくらいになるのか?
・毎月の支出と返済に回せる額の見直し
・最終的に利息を含めた総返済額

 

返済額や返済回数、利息や総返済額については、自力で計算するのはたいへんですので返済シミュレーションを利用してみましょう。返済シミュレーションは、多少の機能は違えど各カードローンの公式サイトに大抵用意されています。

 

例えばプロミスの公式サイトにある返済シミュレーションですと、次の3通りの方法で返済シミュレーションをすることができます。

 

【返済金額シミュレーション】借入希望額を指定の返済期間で返済するときの毎月の返済金額

 

【返済期間シミュレーション】借入希望額を毎月一定の金額で返済するときの返済期間

 

【借入可能額シミュレーション】毎月の返済可能額と返済期間を設定したときの借入可能額

 

希望する金額だけがあらかじめ決まっている人もいれば、「このくらいまでには完済していたい!」と期間が決まっている人、また毎月このくらいなら返済できるという返済金額が決まっている人もいると思います。バランスを見ながら具体的な金額でシミュレーションをすることで、頭のなかでも完済へのイメージがわきやすくります。

 

返済計画は、ときに途中で見直しをすることも大切です。収入が減ってしまったときや今の返済計画だと毎月厳しいと感じたとき、また多めに繰上返済をしたあとなど、定期的に返済シミュレーションをして明確な返済計画のイメージを常に持ち続けることが、計画的な利用につながります。