MENU

カードローンを返済方法で比較

カードローンを利用するときに、多くの方は金利や審査の早さなど「借りるとき」についていろいろと比較していますが、今後長くそのカードローンを利用するという場合には「返済するとき」のことも考えることをおすすめします。「借りるとき」ははじめだけですが、「返済するとき」はお金を借りたらその後毎月続くからです。そのため、注目していただきたいのが返済方法です。

 

カードローンの返済方法は業者によって違いはありますが、代表的なものをあげてみます。

 

・インターネット返済
・銀行振込
・提携ATM
・店頭窓口
・口座振替

 

返済日をうっかり忘れてしまうかも…そんな心配がある方には、口座振替があるカードローンがいいでしょう。毎月の返済が自動化されているため、わざわざ返済をするという手間がいりません。口座振替の場合、手数料は0円です。

 

また、インターネット返済なら、会員サイト経由でインターネットバンキングから振込手数料0円の返済ができます。パソコンやスマートフォンで手軽に返済ができれば、はっと気がついたときにすぐさま手続きできますので便利ですよね。プロミスなどは土日祝日でも365日いつでも瞬時に返済が反映されます。

 

提携ATMはコンビニATMが使えたりと大変便利な返済方法であり、多くの方が利用しています。しかし、銀行カードローンでは手数料0円というところがけっこうありますが消費者金融ですと基本的には手数料がかかると思っておきましょう。提携ATM手数料は1万円以下の取引で108円、1万円超で216円程度です。これだけみますとそう大した額ではないと思われるかもしれませんが、これが毎月、元金+利息+手数料を支払うことになると考えてみてください。返済期間が2?3ヶ月ならまだいいですが、長く続けば続くほど積もり積もれば…ということになります。また、銀行振込の場合にも、振込手数料は利用者負担となっています。

 

手数料はできるだけかからないほうがいいですが、それでも返済方法はできるだけ手軽で自分にとってやりやすい方法であることが一番です。なぜなら、前述したように、返済はその後毎月続くからです。返済方法でカードローンを比較の際には手数料のチェックももちろんですが、自分にとって返済しやすい返済方法が用意されているのか?そうした点についてもチェックを忘れないで下さい。